AGA治療薬のプロペシアとミノキシジルはどんな薬なの

AGAの治療薬には多くの種類がありますが、国内で一般的に処方されているのはプロペシアとミノキシジルです。AGAの治療薬はどのような作用によって症状を改善するのでしょうか。AGA治療薬の種類や効果、副作用等をご紹介します。

*

AGA治療薬のリアップ(ミノキシジル)はドラッグストアで購入できる

   

市販されているAGA治療薬リアップ(ミノキシジル)とは

男性型脱毛症であるAGAは薬を利用して治療するのが効果的です。そのための薬は基本的には病院で処方してもらわなければ入手することはできません。これは副作用の可能性があるものもあるためです。

ただし例外的にドラッグストアなどで市販されているものもあります。それがミノキシジルが配合された発毛剤です。具体的な商品名を挙げるとするとリアップがこれに該当します。

リアップに配合されている成分であるミノキシジルの特徴は、AGAの代表的な症状である脱毛の進行の予防に対しての効果が認められていると言う点です。ではどうしてミノキシジルがAGAに効果的なのかと言うと、これには血管を拡張する作用があるためです。

AGA治療薬リアップ(ミノキシジル)の効果

AGAが発症する原因には様々な要因が挙げられますが、そのひとつには頭皮の血行不良が挙げられることもあります。発毛や育毛が正しく行われるためには、そのもとである毛母細胞が活発に分裂を繰り返すことが必要です。

そしてそのためにはエネルギーとなる酸素や栄養が、血液にのって届けられることが必須です。そのため血行不良になると毛母細胞のエネルギーが不足してしまい、それにより毛母細胞が不活性化してしまうことで発毛や育毛に支障が出てくると言うのがそのメカニズムです。

よってそこで血管拡張作用があるミノキシジルを補給すれば血流が促進され、毛母細胞に酸素などが届けられやすくなるので抜け毛などに対しての効果が期待できると考えられています。

リアップは日本で初めてこのミノキシジルを1パーセント配合した発毛剤として売り出され、以降、ミノキシジルの配合濃度が5パーセントにまでアップしたものや、女性向けのものなど様々なラインナップ展開がなされています。

特に5パーセント配合したものは、日本で唯一、発毛剤でありながら医薬品としての認可も得ています。そのため正しい方法で一定期間以上、使い続けることで高い効果が期待できる製品だと言えます。

ちなみに効果の有効性に関しては4ヶ月使用後となっているので、まずはそれだけの期間、正しい方法で使い続けることが求められます。