AGA治療薬のプロペシアとミノキシジルはどんな薬なの

AGAの治療薬には多くの種類がありますが、国内で一般的に処方されているのはプロペシアとミノキシジルです。AGAの治療薬はどのような作用によって症状を改善するのでしょうか。AGA治療薬の種類や効果、副作用等をご紹介します。

*

AGAの薬は効果ある?服用期間はいつまで?

   

AGAは命に関わる病気ではありませんが、髪が抜けていくということを恥と思う人は少なくありません。ですから若い時分から毛が抜けはじめてしまうのは防ぎたいと、AGAになりはじめたら薬での治療をする人もいます。

AGA治療薬で症状を軽減できる

その薬ですが、AGAに効果があるのかということでは、男性ホルモンが原因である場合にはそうだといえます。薬の効果はどのようにして発揮されるのかというと、男性ホルモンの働きを止めることによって発揮されます。

そもそも抜け毛を促進させる男性ホルモンのジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンに5α還元酵素の働きによって変化することでできるものです。テストステロンも抜け毛をもたらす存在ではありますが、ジヒドロテストステロンのほうがより強い存在です。

その男性ホルモンの変化を抑えることで、AGAを軽症することができるのです。

AGA治療薬の効果を9割の人が実感

では薬の効果は誰にでも効果があるのかというと、臨床実験ではおよそ9割の人がAGAの改善ができたという結果が出ています。ただし、薬の効果は抜け毛を防ぐことであって死滅した細胞をよみがえらせるわけではありません。

症状が進行しすぎて髪の毛を生み出す毛母細胞がすでに失われているときには、いくら効果のある薬でも手遅れです。

効果を実感してもある程度の期間は服用をつづける

効果が出たとして、いつまで飲み続けるのかということも問題です。確かに抜け毛が少なくなっていったとして、男性ホルモンは体の中から消えるわけではありません。

ですから薬をやめればまたAGAになる可能性は十分にあります。リバウンドが起きたときには以前よりも抜け毛が加速することもあります。それでも病院で治療をするときには、いつまでも治療を続けていくのではなくある程度の期間が経てば打ち切ることが出来るとすることもあります。

そのときでも、すぐに治療をやめるわけではなく、少しずつ薬の量を減らしていき体を慣らしていくということになります。その場合には半年から1年程度の猶予を持たせます。