AGA治療薬のプロペシアとミノキシジルはどんな薬なの

AGAの治療薬には多くの種類がありますが、国内で一般的に処方されているのはプロペシアとミノキシジルです。AGAの治療薬はどのような作用によって症状を改善するのでしょうか。AGA治療薬の種類や効果、副作用等をご紹介します。

*

AGA治療薬の種類は?プロペシアやザガーロを比較

AGA治療薬にはいくつかの種類がありますが、その中でプロペシアやザガーロは男性ホルモンのテストステロンがAGAを引き起こす原因物質のDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることを、5α還元酵素という物質を阻害することにより抑制して抜け毛の改善を目指す薬です。

抜け毛の進行を抑えるプロペシアとザガーロ

プロペシアとミノキシジルは、AGA治療薬として国内で認可されているAGA治療薬です。

抜け毛の進行を抑えるプロペシアとザガーロ、発毛効果のあるミノキシジルという2種類の効果をあるAGA治療薬を併用するのが一般的です。
ここでは抜け毛の進行を抑えるプロペシアとザガーロについて紹介します。

プロペシアは日本では厚生労働省に2005年に承認されましたが、2015年に日本での特許が切れたことによりジェネリックが多数作られており、近年では比較的リーズナブルに手に入るようになっているのがメリットです。

それに対してザガーロは2015年に厚生労働省に承認されたばかりなので、まだ日本国内ではジェネリックは作られていません。

この2種類のAGA治療薬を効果の面で比較してみると、プロペシアよりもザガーロの方が約1.6倍も抜け毛の進行を抑える効果があるという検証結果が出ています。

抜け毛を抑えるメカニズム

それは、前者が2型の5α還元酵素だけを阻害するのに対して、後者は1型の5α還元酵素も阻害することが出来、更に2型の5α還元酵素への阻害効果も3倍ほどあることによって、前者よりも強力にDHTの生成を抑えることが可能となっており、ひいては薄毛の改善効果もより期待出来るということです。

この2種類の薬に関する注意事項を比較してみると、どちらも飲み続けることによって薄毛の改善効果が期待出来るものとなっているため、6カ月ほどは服用してみてから自分にとって効果があるかどうかを判断する必要があります。

服用に関しての注意点

また、どちらもAGAに対する作用機序が同じなので服用する時に注意しなければならない点も似ています。

それは、妊娠中の女性や妊娠している可能性のある女性、子供などに服用させては危険だということや、服用中は献血をしてはいけないといったことです。

それから、この2種類の薬は副作用も似ており、まれに肝機能障害や勃起不全、性欲減退などの症状が出ることがあります。

プロペシアとザガーロのどちらを選べば良いか

これからAGA治療をしようと思う人の中には、プロペシアとザガーロのどちらを選べば良いか迷っている人もいるのではないでしょうか。

この2種類を比較すると後者の方が薄毛の改善効果が高い点が魅力になっていますが、効果が強い分、副作用が発現する可能性も前者より高いというデータがあるため、治療開始時は前者を使ってみて、更に強力な薄毛改善効果を求めたい場合に後者に変更するという選択をするのが良いのではないでしょうか。

AGAの薬を飲むと副作用でるのか

AGAの主な原因となるのが男性ホルモンです。
男性ホルモンの一種であるテストステロンが酵素である5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンになります。

このジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を抑制して脱毛のサイクルを早めてしまう訳ですが、AGA治療薬を使用して、ジヒドロテストステロンの生成を抑制させる等をします。

そもそもAGAは進行性の脱毛症になりますから自然治癒は難しく、薬を利用して働きを阻害して治療していきますので高い効果を期待できる反面、副作用にも注意しないといけません。

性欲低下や勃起不全に注意

よくAGA治療薬として使用されるフィナステリドになりますが、主成分はプロペシアになります。
プロペシアの主な副作用となるのが、性欲低下、勃起不全、女性が服用した場合の胎児の生殖器への影響が考えられます。

医薬品の発毛剤は期待できる効果が高いほど副作用のリスクも高くなり、妊娠中の女性や授乳中の女性に対して禁忌とされており未成年に対しても有効性と安全性は認められていません。

AGA治療薬のザガーロに含まれている成分のデュタステリドも副作用として、性欲低下、勃起不全、乳房障害があります。
こちらは女性と未成年者は使用禁止と明言されており、皮膚からも吸収されるという性質を持っていますので、直接触る事もできませんから保管場所に注意しないといけません。

発毛薬ミノキシジルの注意点

女性男性型脱毛症に対しても効果があると言われているミノキシジルも注意しなければならない点があります。
主な副作用として、体毛が濃くなる、血圧低下、むくみ、頭皮の痒み等のアレルギー症状といったリスクがあります。

ミノキシジルに関しましても未成年の仕様は禁止されています。

男性女性共に使用できるものになりますが、男性用と女性用では配合量が異なりますから女性が使用する場合は女性向けの製品を必ず使用してください。

AGA治療は医師と相談をして進める

治療するためには必要なものになりますが、効果だけではなくリスクがある事を知っておかないといけません。

特に医師を通さずに個人輸入で購入している場合は気をつける必要がありますし、少しでもリスクを低下させたいと考えている場合はクリニックで処方して貰ってください。

個人輸入は偽物が出回っていたり、品質が悪かったりする可能性もありますので注意して下さい。

最近は、AGA治療薬の情報サイトがありますので参考にして下さい。

参考:プロペシア1mg通販|在庫あり 1日264円|AGA治療薬の通販(https://www.tramvia.org/propecia-finasteride

AGA治療は、信頼できるクリニックや医師と相談して適切な方法で治療していく事が大事です。

公開日:
最終更新日:2018/03/06